髪の環境をよくするために栄養バランスを考える

髪の環境について栄養が大事だというのはよく言われていることですが、それを改めて考えてみると、栄養のバランスというのは決してむげにはできないほどの重要性を持っているということに気づくと思います。
ですから、栄養のバランスがいい食事はとても大事です。

髪が必要とする栄養素は色々ですが、中でも重要なものとして一つ挙げるとするなら、ビタミンCかもしれません。

髪フサフサにとって、タンパク質や亜鉛が欠かせないものだということは、よく知られているのですが、ビタミンCも負けず劣らず重要です。ビタミンCは多くの役割をこなします。他の多く栄養素の吸収や代謝、生成に関わり、丈夫な髪をつくるコラーゲンの生成にも関係しています。また、抗酸化作用が強いというのも特徴です。

これらの働きは全て髪を増やすにとっては、なくてはならないもので、大事なカルシウムや鉄の吸収も助けてくれたり、免疫機能を高める働きまでしてくれます。

野菜や果物からビタミンCは摂取可能です。しかし、熱などで壊れやすいということもあるので、サプリメントなどから摂るのもおすすめです。

育毛や頭皮ケアのひとつとして、椿油を使った頭皮マッサージは効果的です。

髪に良いといわれている椿油ですが、地肌へ使用するほうが効果が高いのです。
椿油には健康に良いというオレイン酸が豊富に含まれています。

油でギトギトになるのを想像するかもしれませんが、そんなことはありません。
水分と油分を同時に供給するため、不要になった角質を自然に浮き上がらせて落ちやすくする効果もあります。

第一印象では良くないと思われていることが実は髪の環境には良いということは良くあることです。反対に良いと思っていたことが実は髪の環境には良くないというのもまた良くあります。